てぃだ整体整骨院トップページ > てぃだ整体整骨院通信 > 堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する熱中症について

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する熱中症について

2021.08.15

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりし、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などの様々症状を引き起こす病気のことです。エアコンが普及し、室内での体温のコントロールが必要なくなることで、体の体温調節機能が衰えていることも原因の一つと言えるのではないでしょうか。

熱中症が起こりやすい場面とは?

炎天下に長時間、暑い中運動をしていたという場面を想像する方も多いと思いますが、実際はこうした場面ばかりではありません。実は、梅雨の合間に気温が上がった時など、体が暑さに慣れていない時期になりやすいものでもあります。不快指数が高い場面では熱中症が起こりやすいと言えます。

〇気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しが強い、照り返しが強い、急に暑くなった など

気温が低くても、湿度が高いと熱中症になる方もおられます。また、家の中でじっとしていても室温や湿度の高い場所では熱中症にかかることもあります。

熱中症の予防策とは?

なるべく直射日光を避け、日陰などを歩く。扇風機やエアコンで気温と湿度を調節する。服装は、外からの熱の吸収を抑え、体内の熱を放出する服装がおすすめです。素材では綿や麻などがいいです。熱がこもらないように襟や袖口が開いたデザインもおすすめです。薄着のほうが涼しいといえ、インナーを着たほうが、インナーとアウターの間に空気の層ができ、外からの熱気を遮断してくれるので、暑い中でもインナーを着ることで熱中症対策になります。また、水分補給も大切な予防策です。汗をかくのはもちろんですが、トイレにいくことでも水分を失っていることになるので、暑い日はより水分をこまめに補給することが大切です。アルコールやカフェインが多く含まれれている緑茶やコーヒーなどは、利尿作用があるので水分補給には適しません。

熱中症に負けない体づくり

ウォーキングやランニンなどの運動で汗をかく習慣を身につけることも大切ですが、冷え性などで普段から体が冷えていることも熱中症になりやすい原因であると言えます。汗をかきにくい、温度差がよりきつく感じる、熱を放出することができない、普段から冷え性対策も一緒に心がけることが大切です。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

てぃだLINEアカウント

LINE@友だち追加で
姿勢分析無料!
LINEからご予約・お問い合わせできます

友だち追加
メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
てぃだの感染対策について
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00,14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop