てぃだ整体整骨院トップページ > てぃだ整体整骨院通信 > 堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する秋にかかりやすい病気について

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する秋にかかりやすい病気について

2019.10.14

秋にかかりやすい病気として、以下のものが挙げられます。

喘息

秋になると、日中と朝晩との気温差が大きかったり、気候の変化も大きかったりと、喘息が起こりやすくなります。涼しくなり、過ごしやすい半面、咳が始まる方が多くおられます。風邪は治ったはずなのに、咳が治まらないということはありませんか?そういった症状が数週間続いたら、それは「咳喘息」かも知れません。咳喘息にかかると、一か月以上空咳が続きます。ひどい場合は一年以上続くかたもおられ、喘息に見られる喘鳴や呼吸困難はありません。夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。喘息の前段階ともいわれていますので、放置せずに正しい治療をする事が重要です。

食中毒

夏に多いがあると思いますが、実は、食中毒の発生が一番多いのは10月だそうです。運動会やバーベキューなど、屋外での食事が増えるので、衛生的ない面からも食中毒が増えるようです。また、理由の一つに、この時期の免疫力低下があげられます。近年の酷暑の影響などで、夏バテを引きずり、体力が低下している人は少なくありません。さらに、気温が低下して気温差にうまく体が対応できず、体調を崩しやすくなります。秋に多く見られる食中毒の原因菌としては、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌、サルモネラ、ビブリオ、などがあります。自然毒として、キノコやふぐにも要注意です。

秋バテ

秋の大きな変化と夏の疲れによって、秋バテが引き起こされます。本来、夏に比べると、胃腸のコンディションがよくなる季節だと言われています。夏の影響で胃腸が弱っている方は、胃腸を整える事が先決です。また、乾燥に対することも大切になってきます。鼻やのど、気管支、肺などの呼吸器系や皮膚、粘膜、さらに大腸なども乾燥に弱いと言われています。体力回復と合わせて、乾燥対策も忘れずに行う事が重要です。

ドライアイ

秋の夜長、読書などの影響で、以外と秋に目の病気が多いそうです。涙の分泌量は昼より、夜が少なく、本やパソコン、携帯などをみていると瞬きが少なくなるので、涙が蒸発し水分量が減って、ドライアイになります。

夏と比べて過ごしやすい半面、気温差や紫外線、日照時間などが影響しておこる病気が多いようです。夏の疲れを引きずらない為にも、身体のメンテナンスをかかさないようにご注意ください。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00,14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop