てぃだ整体整骨院トップページ > てぃだ整体整骨院通信 > 堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する脱水症状について

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する脱水症状について

2021.08.15

脱水症状とは、簡単に言うと体内の水分が足りない状態のことをです。脱水になると、口の渇きや身体のだるさ、立ち眩みなどの症状が出ることが多いです。皮膚や唇、舌の乾燥、微熱などが起こります。そのほかにも食欲低下、脱力、意識障害、血圧低下、頻脈なども出現することがあります。

脱水症状の原因とは?

脱水症状は、「水分補給の低下」か「たくさんの水分を失っている」かのどちらか、もしくは同時に発生することで起こります。高齢者の方は、特に水分摂取量の低下により脱水症状になっている方が多くおられます。口渇中枢の感受性低下により、のどの渇きに鈍感になり、水分補給が低下します。さらに、夜間のトイレを気にして水分の摂取を減らしたりする方もおられ、最終的に脱水に傾く方もおられます。たくさんの水分を失っている状態は、嘔吐や下痢などで起こることが多いです。

脱水になるとどうなるの?

軽度の脱水症では、普段より多量に汗をかく、喉が渇く、めまい、吐き気、ぼんやりする、重苦しい、食欲減退、血液濃縮、尿量減少などが見られます。中等度に近くなると汗は出なくなっていきます。

中等度の脱水症では、吐き気、全身脱力感、動きが鈍くなる、皮膚の紅潮化、易疲労性、感情鈍麻したりイライラしたり不安定になる、無関心になる、手足のふるえ、ふらつき、頭痛、体温上昇、脈拍と呼吸数の上昇、幻覚、めまい、言語不明瞭、精神錯乱などがあります。

重度の脱水症では、筋痙攣、失神、舌の膨張やしびれ、不眠、腎機能不全による尿量減少もしくは消失、飲み込み困難、皮膚乾燥または皮膚の感覚がなくなる、目の前が暗くなる、目がくぼむ、聴力損失などがみられるようになります。体液の20%を消失すると生命維持が難しくなり、死亡につながります。

脱水症の予防は?

一番はこまめな水分補給です。一度に多量に摂取しても十分に吸収されないので、少しずつこまめに水分補給をすることが大切です。また、キンキンに冷えたものは体には吸収されずに尿として体外に排出されてしまうため、人肌程度のぬるめの物をこまめに摂取することをお勧めします。喉が渇いたと思う前に水分補給をしてください。喉が渇いたと思った時点で脱水は始まっていると言われています。

一日に成人では2.5リットルの水分補給が必要だと言われています。そのため、食事からもこまめに摂取することが大事です。味噌汁などは、味噌の塩分も一緒に摂取することができるため、脱水症予防に適しているメニューといえます。

 

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

てぃだLINEアカウント

LINE@友だち追加で
姿勢分析無料!
LINEからご予約・お問い合わせできます

友だち追加
メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
てぃだの感染対策について
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00,14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop