てぃだ整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ > 堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説するシンスプリントについて

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説するシンスプリントについて

2021.03.15

運動をしている方は聞いたことのある言葉かもしれません。当院では、激しい運動を行う中高生に多く見られています。陸上やサッカー、テニス、バスケットなど、急発進や急ブレーキを行う競技に多く見られます。

シンスプリントって何?

主にスポーツによる繰り返しかかる負担によって生じるすねの内側に起こる痛みを伴うもので、脛骨過労性骨膜炎と呼ばれることもあります。すねの骨に繋がっている骨膜への過剰な負担、ヒラメ筋などの付着部などに起こります。症状としては、主にすねの前方内側に鈍くズキズキする痛みが生じ、初期は運動し始めの痛みが多く、ひどくなると運動の後半、安静時にもズキズキとした痛みが現れることもあります。また、多くの場合は押すと痛みが強くなったり、腫れや熱感を伴う事もあります。

なんでシンスプリントになるの?

急発進や急ブレーキ、ダッシュとストップを繰り返すことで、すねの骨についている筋肉が繰り返し収縮することで付着部の骨膜が引っ張られることでストレスがかかり発症します。骨の表面にある骨膜という部分に炎症やダメージを与えてしまうのです。シンスプリントになりやすい原因として挙げられるものは、①扁平足②下半身の筋力低下③筋肉の柔軟性の低下④フォームがくずれている⑤下り坂を走る⑥下腿路面でのランニング⑦靴が合っていない(靴底が歪んだ形ですり減っている)⑧肥満、最近太った、などがあります。

よく間違われる疲労骨折との違い

シンスプリントは筋肉の炎症なので、初期の段階ではレントゲンに異常はありません。レントゲンに異常が写っているという事は、すでに悪化して骨にも異常をきたしている証拠です。疲労骨折との鑑別診断に有効な検査としてMRIが挙げられます。肥厚した変化が大きいか小さいかが区別の目安となります。

どのような治療がありますか?

シンスプリントの治療法は、オーバーユースで起こる障害ですので、基本的には安静にすることなどの保存療法が選択されます。症状の悪化を防ぐために運動量を減らす、熱を持ったときのアイシング、ストレスがかかっている筋肉の緊張緩和のためにストレッチやマッサージ、筋トレ、クッション性の高いシューズを履く、柔らかい地面での練習(芝生や土など)が挙げられます。当院では、負担がかかっている筋肉へ直接鍼灸治療を行い筋緊張を緩和する、炎症を鎮める為に超音波治療、新たに負担がかかってしまわないようにテーピング療法などを行っています。姿勢の歪みや走るフォームの改善など、早期改善、再発予防のためのリハビリも一緒に行っております。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

てぃだLINEアカウント

LINE@友だち追加で
姿勢分析無料!
LINEからご予約・お問い合わせできます

友だち追加
メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
てぃだの感染対策について
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00,14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop