てぃだ整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ > 堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する手根管症候群について

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する手根管症候群について

2021.02.15

手根管症候群とは、てのしびれ感を訴えて受診する最も一般的な疾患と言われています。手根管とは、手首の部分にある骨と手根靭帯に囲まれた空間のことであり、指を曲げる9本の腱と正中神経が通過します。この手根管内で何らかの原因により、正中神経が圧迫されると手や指のしびれが生じます。

手根管症候群
手根管症候群

手根管症候群になってしまう原因とは?

手首の骨折や手根管内の腫瘍、リウマチ、妊娠、糖尿病、腎疾患、痛風など、ホルモンの変化などでも影響を受けます。しかし、最も多いのは、中高年の女性に頻繁に発生し、原因のはっきりしない特発性といわれるものと、よく使うことによっておこる腱鞘炎によるものです。

どんな症状がある?

主な症状は、母指から薬指のしびれです。特に親指側のしびれ感と触った感じが鈍いなどの感覚低下です。初めは中指のしびれ感で気が付くことが多く、次々と隣の指に痺れが広がっていくのが一般的です。夜間や明け方に痛みやしびれ感が憎悪し、痛みの為目が覚めてしまうという事が典型的な症状で多くあります。症状が悪化すると、正中神経が支配している母指球筋(親指の付け根の筋肉)の筋力が低下してしまいます。高度の麻痺になると母指球筋の萎縮が著しくなり、手を開くことが出来なくなります。ボタンがかけにくい、小銭がつまめないなどの日常生活でも大きな障害となります。

治療法としては、保存療法と手術療法があります。ビタミン剤の服用や手関節の安静を保つ装具の装着、ステロイド注射を打つこともあります。それでも改善しない場合は、手根靭帯の切開により、正中神経の圧迫を除去するのが基本的な手術療法となります。また、母指球筋の萎縮が重症な方の例としては、この手術のみでは母指機能の回復が期待できないことが多く、腱移行による母指対立再腱術を同時に行われることがあります。

診断方法は簡単にチェックできます

手首をたたくとしびれや痛みが指先に響いたりすることをチネル徴候といいます。神経に障害が起こった時に発生するものです。手首や手のひらをたたいた時に、指先に痛みやしびれが響いた場合は陽性となります。また、手首を直角に曲げて手の甲を合わせて保持し、1分間以内に痺れや痛みが悪化するかどうかを見るファーレンテストというものもあります。症状が悪化する場合は陽性となります。母指球の萎縮も見られる場合は、筋力低下や萎縮の程度を見る為に筋電図検査を行うこともあります。腫瘍が原因として疑われる場合はエコー検査やMRIなどの検査が必要なこともあります。

ファーレンテスト
手根管症候群 ファーレンテスト

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

てぃだLINEアカウント

LINE@友だち追加で
姿勢分析無料!
LINEからご予約・お問い合わせできます

友だち追加
メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
てぃだの感染対策について
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00,14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop