てぃだ整体整骨院トップページ > てぃだ整体整骨院通信

てぃだ整体整骨院通信

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する体温について

2020.05.16

体温とは、文字通り体の温度でありますが、平熱とはどのようなものでしょうか?

自分の平熱を知ることから始める

まずは、自分の平熱を知りましょう。平熱を知らないのに、37度を超えたとたんに「熱が出た」という方がおられます。平熱が37度の場合は、熱を測って37度でも発熱とはいいませんよね。

体温は、外気温や女性の場合は性周期などの様々な影響を受けて変化するものです。変化するものは、定期的に観測することが望ましいです。血圧でも同様ですが、朝起きた時、午前中、午後、夜の4回計測してみましょう。より正確に自分の体温を知ることが出来るでしょう。

1日のうちでも朝起きた時が最も低く、夕方が最も高いという事が調査からわかっています。食事の後や運動後、お風呂の後なども体温が上がりやすいので注意が必要です。

日本人の平均は、平熱が36.6度~37.2度の間と言われています。低体温症の方などは、これらよりも約1度低い方たちということになります。

低体温になるとどうなるのか?

極度なダイエット、ストレスや老化が原因で、熱の産生と放散のバランスが崩れたことによるものを言います。そのまま放っておくと、様々な病気を発症し、突然死の原因にもなりかねません。低体温症になるとどうなるのか。

血行不良、血圧上昇、消化不良、食欲不振、代謝の低下、体力の低下、意欲・集中力の低下、免疫力の低下など

このような症状が出てくることがあります。

正しい体温の測り方

みなさんは、体温計をどのように使って体温を測っているでしょうか?体温計の先の部分をわきに軽く挟んだだけで測定していませんか?

正しいはかり方は、

①体温計の先の部分を、斜め下から差し込んでわきの中心に当てる。(約30度くらいの傾き)

②しっかりとわきを締める。よりわきを締める為に手のひらを上に向けましょう。

③安静にする。

わきの中心に当てることが出来ると、より正確な体温を測ることが出来ます。離れていたり、角度が大きいと、実際より低く計測される場合があります。

体温を上げるポイント

低体温症になると体調を崩すことがお分かりになったと思います。では、実際に体温を上げるにはどのようなポイントに注意するべきか。食事や運動、鍼灸治療などで体温を上げることが出来ます。

食事は、根菜類を中心に取るように心がけることがポイントです。有名なのはショウガです。土の中で育つ野菜は、冬に旬を迎えるものが多く、ゆっくりと育ちます。太陽の力を十分にためた野菜だと言えます。しかし、ダイコンやゴボウは逆に体を冷やすとも言われます。生で食べると体を冷やすと言われていますので、調理法を工夫して頂くことで、体を健康に保つことが出来ます。

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する肩背部の痛みについて

2020.04.18

こんにちは!肩や背中の痛みについてお悩みの方が多くおられる中で、筋肉や神経、姿勢に原因のないものも存在します。今回は「胆石」についてお話しさせていただきます。

胆石とは?

胆石は、非常に軽いものでコレステロールやビリルビンがもとになって出来上がることが多くあります。胆石ができやすい人として、

①女性 ②肥満 ③加齢 ④洋風の食事が多い ⑤家族に胆石になった人がいる など

一般的には30代~50代の肥満気味の女性に多いとされています。

また、胆石がある場所によって、3種類の名前がついています。

①胆嚢結石

胆嚢は、肝臓でできた胆汁を濃縮する場所で、一定の時間とどまっているために最も多くできやすいと言われています。

②総胆管結石

胆嚢でできた結石が何らかの拍子に胆管内に転げ落ち、詰まってしまうことで起こることもあります。胆管結石が起こると、胆汁の流れが滞ってしまうことから、黄疸が生じたり、胆管が結石を押し出そうと動くことから激しい痛みが生じたりすることがあります。

③肝内胆管結石

まれにですが、肝臓内にある胆管に結石ができることがあります。

胆石と肩背部の痛み

胆石があるからと言って全員に症状が出るわけではなく、無症状の方も多いと言われています。しかし、胆石が移動することで狭い通路に詰まってしまうと「胆石発作」を起こしてしまい、痛みという症状となって現れてきます。

腹痛や疝痛(せんつう)と呼ばれる強い痛み、右側のみぞおちや右下腹部、右の背中が痛むことも多く、胃も痛みと間違う人が多いと言われています。

胆石発作は食後や夜間に起こることが多く、数十分から数時間にわたって続いてそのうちに落ち着くと言われています。また、脂っこい食事をとった後や食べ過ぎた後は注意が必要で、発作を起こすことがあります。吐き気や嘔吐、炎症が加わると発熱もみられ、黄疸や肝障害を併発することもあります。

肩や背中、わき腹の痛みを感じた時、何か動かしたから痛みが出たのかな?と軽く考えることは危険かもしれません。

胆石の痛みを和らげるツボのご紹介

症状が軽いものや慢性化したものにツボ療法を行ってみてください。

一番下の肋骨の先端にあるツボが京門(けいもん)になります。軽く押してみて強い痛みを感じる場合は胆石の可能性があります。両手を腰に当て、親指の腹で左右同時に少し強めに指圧します。また、足にある梁丘(りょうきゅう)や陽陵泉(ようりょうせん)も効果的です。

 

 

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する骨粗鬆症について

2020.03.29

骨粗鬆症とは、骨がスカスカになり骨折を起こしやすくなっている状態をいいます。加齢などで骨密度や骨量が減と少し、骨粗鬆症と言われる方も少なくありません。

男女で比べてみると、骨粗鬆症の方の約8割が女性と言われるほど、女性の方に多い病症となっています。

なぜ、女性に多いのか?

通常、骨は新しく骨が作られる「骨形成」と、古い骨を壊す「骨吸収」で新しい骨に生まれ変わっています。約3か月のサイクルでバランスよく骨代謝が行われています。しかし、そのバランスが崩れることで、骨形成よりも骨吸収の方が上回ることとなり、骨がスカスカになってしまいます。なぜ、女性に多いのかという点ですが、骨代謝のバランスを保っているのが、女性ホルモンである「エストロゲン」と言われる物質です。女性は閉経によりエストロゲンが激減する為、骨代謝のバランスを崩し、骨粗鬆症になりやすいのです。また、女性は男性と比べると最大の骨量が少ない為、男性よりも女性の方が多いと言われています。

骨形成と骨吸収

「骨形成」とは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きにより、甲状腺ホルモンの一種であるカルシトニンの働きを促進し、骨へのカルシウムの沈着を促進し、血中のカルシウムの濃度を下げる働きがあります。また、破骨細胞の働きを抑制する働きがあり、結果的に「骨吸収」を抑制することになります。血中のカルシウムの濃度が下がると、血液凝固反応や筋肉、神経の働きに支障が出るため、新たに血中カルシウム濃度を高める為に、副甲状腺ホルモンの一種であるパラソルモンが働き、骨からカルシウムを取り出し腎臓や小腸でのカルシウムの吸収を促進し、血中濃度を高め、それらの働きを維持する。この「骨形成」と「骨吸収」のバランスを保っている大きな役割を果たすのが、女性ホルモンのエストロゲンということになるのです。

骨粗鬆症への対策とは?

加齢により減少する骨量、骨密度ですが、「歳をとっていくからしょうがない」と待っているだけでは弱っていく一方になってしまいます。女性ホルモンが減少しても、カルシウムの代謝を助けることが出来ます。

〇ビタミンDを積極的に取り入れる

ビタミンDは腸管からのカルシウム吸収を促進する働きがあり、カルシウムの血中濃度を高めます。濃度が高まると濃度を下げる働きのあるカルシトニンの働きが活発になり、新しく骨を作る「骨形成」の働きが活性化されます。ビタミンDを多く取るには、日光浴と食事が大切になります。

ビタミンDを多く含む食品として、

乳製品、大豆製品、小魚、緑黄色野菜、海藻類があげられます。

日光浴については、窓越しでも構わないので、日光を直接浴びることが大切です。

〇アルコールやカフェインの過量摂取は、カルシウムを尿中へ排出を増やすので控える

〇減少する女性ホルモンであるエストロゲンを摂取する

エストロゲンと似た働きをする「大豆イソフラボン」を摂取することで、その働きを助けることが出来ます。大豆や豆腐、納豆、味噌などの大豆製品を摂取することが出来ます。

〇カルシウムを摂取することで血中のカルシウム濃度を高め「骨形成」の働きを促す

カルシウムが多い食品を摂取することで濃度を高め、新しいを骨を作る働きを助けます。カルシウムを多く含む食品として、

牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品、骨ごと食べられる小魚、大豆製品があげられます。

摂取目安として、成人一日あたり600~800mg、子供は700~1000mgとなっています。意識しても取りすぎるということが少ない栄養素でもありますので、ぜひ積極的に取っていただきたいです。

〇運動での刺激

骨は刺激を与えることでも骨を作る働きが促進されます。骨粗鬆症だから転倒予防のために動かないことは悪化させる一つの原因ともなります。立ち上がらなくても、関節を動かすことで筋肉が動き、骨を刺激することが出来るので、ぜひ取り組んでみてください!

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する自律神経の乱れについて

2019.11.30

ストレスや不規則な生活習慣によって自律神経が乱れると、私たちの体にはどのような症状が現れるのでしょうか?

自律神経の乱れとは?

自律神経が乱れると、身体機能の調節や制御が聞きづらくなります。それにより体調の悪化が現れます。その症状が悪化すると自律神経失調症となり、症状が繰り返し出現したり改善したりする状態になってしまいます。

代表的な症状

①疲労感・・・体が疲れやすい、朝起きる事ができない

②頭痛・・・ずきずきする、重い、ふらつく

③体温の異常・・・慢性的な微熱、低体温症など

④睡眠異常・・・不眠、日中の眠気

⑤耳、喉、口の症状・・・耳鳴り、耳がふさがれた感覚、喉の異物感、口が渇くなど

⑥胸部の異常・・・動悸、息切れ、痛み、胸やけ、圧迫感、うまく呼吸が出来ないなど

⑦吐き気、胃腸の異常・・・吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、ガスが溜まるなど

⑧排尿の異常・・・ひん尿、残尿感、排尿しにくい

⑨手足の異常・・・しびれ、脱力感、冷え、ほてり、むくみ

⑩筋肉や関節の痛み

⑪皮膚の異常・・・かゆみ、乾燥など

中でも自律神経の乱れで引き起こしやすい代表的な疾患についてご紹介します。

○神経性胃炎

ストレスや過労が原因となる胃炎です。胃酸が過剰に分泌されてしまい、自身の胃壁を傷つけてしまいます。それにより、喉が詰まった感じ、胸やけ、胃痛、胃もたれといった症状が出てしまいます。

○メニエール病

内耳のリンパ液に異常が生じる事で、激しいめまいや耳鳴り、難聴の症状が同時に引き起こされます。強い吐き気や嘔吐に悩まされる方が多く、放置すると進行してしまう為、気をつける必要があります。

○過敏性腸症候群

腸の蠕動運動の異常によって腹痛を起こし、慢性的な下痢や便秘を繰り返す症状が現れます。交互に下痢と便秘を繰り返すケースもあり、検査をしても異常が見つかりにくいという特徴もあります。

自律神経が乱れやすい時は?

職場における人間関係や家庭内での悩み、将来についての不安などの精神的ストレスのほか、過労による身体的ストレスが挙げられます。ストレスを受けてもエネルギーのある最初のうちは症状が現れにくいのですが、やがてエネルギー不足に陥り、ストレスが限界に達してしまうと体がSOSのサインとして症状を引き起こすと言われています。

また、女性は月経前にも自律神経が乱れやすいと言われています。1週間ほど前にあたる「黄体期」になると、女性はイライラやうつうつとしたじょうたいになりやすくなります。女性ホルモンに指令を送る脳下垂体は自律神経をコントロールする視床下部のすぐ下にある為、自律神経がホルモンの変化によって影響を受け、自律神経症状を引き起こしやすくなってしまうといわれています。

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する秋にかかりやすい病気について

2019.10.14

秋にかかりやすい病気として、以下のものが挙げられます。

喘息

秋になると、日中と朝晩との気温差が大きかったり、気候の変化も大きかったりと、喘息が起こりやすくなります。涼しくなり、過ごしやすい半面、咳が始まる方が多くおられます。風邪は治ったはずなのに、咳が治まらないということはありませんか?そういった症状が数週間続いたら、それは「咳喘息」かも知れません。咳喘息にかかると、一か月以上空咳が続きます。ひどい場合は一年以上続くかたもおられ、喘息に見られる喘鳴や呼吸困難はありません。夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。喘息の前段階ともいわれていますので、放置せずに正しい治療をする事が重要です。

食中毒

夏に多いがあると思いますが、実は、食中毒の発生が一番多いのは10月だそうです。運動会やバーベキューなど、屋外での食事が増えるので、衛生的ない面からも食中毒が増えるようです。また、理由の一つに、この時期の免疫力低下があげられます。近年の酷暑の影響などで、夏バテを引きずり、体力が低下している人は少なくありません。さらに、気温が低下して気温差にうまく体が対応できず、体調を崩しやすくなります。秋に多く見られる食中毒の原因菌としては、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌、サルモネラ、ビブリオ、などがあります。自然毒として、キノコやふぐにも要注意です。

秋バテ

秋の大きな変化と夏の疲れによって、秋バテが引き起こされます。本来、夏に比べると、胃腸のコンディションがよくなる季節だと言われています。夏の影響で胃腸が弱っている方は、胃腸を整える事が先決です。また、乾燥に対することも大切になってきます。鼻やのど、気管支、肺などの呼吸器系や皮膚、粘膜、さらに大腸なども乾燥に弱いと言われています。体力回復と合わせて、乾燥対策も忘れずに行う事が重要です。

ドライアイ

秋の夜長、読書などの影響で、以外と秋に目の病気が多いそうです。涙の分泌量は昼より、夜が少なく、本やパソコン、携帯などをみていると瞬きが少なくなるので、涙が蒸発し水分量が減って、ドライアイになります。

夏と比べて過ごしやすい半面、気温差や紫外線、日照時間などが影響しておこる病気が多いようです。夏の疲れを引きずらない為にも、身体のメンテナンスをかかさないようにご注意ください。

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する6月に多い病気について

2019.06.26

皆さんは、6月に多い病気があるのをご存知でしょうか?梅雨などで湿気や気温の高低差が激しいと、自律神経の乱れもそうですが、菌が増えるのに最も都合のいい環境だともいえます。

溶連菌感染症、咽頭結膜熱、手足口病が6月に注意してほしい感染症ベスト3になります。

体調を崩しやすく、免疫力も低下しやすいので十分に注意して下さい!

また、夏本番に向けて湿気とともに気温も上がってくる6月に気をつけてほしいのが熱中症です!

夏本番の前の梅雨の時期から気をつけて!

熱中症は、気温や湿度の高い環境(暑熱環境)で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなってしまったために現れるさまざまな症状です。熱中症の症状として、発汗、めまい、たちくらみから始まり、意識障害や昏睡等が起こってしまいます。

高い湿度で体内の水分バランスが崩れる

湿度が高いと、発汗がしにくくなると言われています。体内の温度が高くなると、その体温を下げようと汗をかくのですが、体温が高いまま汗が出にくくなると、熱がこもってしまい、熱中症になってしまいます。また、暑さで汗をかきすぎると脱水症状になり、体内の水分と塩分が不足してしまい、めまいや立ちくらみなどの熱中症の初期症状が現れ始めます。

熱中症の症状とは?

軽度なら、大量の発汗、めまいや立ちくらみ、生あくびなどの脱水症状が主になります。筋肉痛やこむら返りなどが見られる事もあります。

中等度なら、汗が出なくなり体温が上昇。頭痛や吐き気、嘔吐、だるさ、意識が遠のくなどの症状が見られます。

重度なら、さらに体温が上昇し、けいれんや呼びかけに応じないなどの意識障害や昏睡などが起こります。さらには内臓の障害がおこり、命にかかわる状態になってしまいます。

大切な事は、意識があるか?水分を飲めるか?が重要なポイントとなってきます。

熱中症の応急手当

体調を崩してしまった時はどうすればいいでしょうか?

○日差しを避けて涼しい場所へ移動。衣類を緩めて安静にする。

○エアコンやうちわ、扇風機などで体温を下げる。

○首や脇の下、太ももの付け根を通っている太い血管を冷やす事で、冷たい血液を全身に流す。

○水分を少しずつ何度も飲む(ミネラル分なども失っているので、水よりは経口補水液やスポーツドリンクなどが理想)

脱水は血管への負担を大きくする

血液の水分が不足するとドロドロの血液になります。血栓が出来やすい環境を作ってしまうほか、流れにくいので血圧を上げて血管への負担が大きくなってしまいます。心筋梗塞や脳卒中の危険性を高めることにも繋がるので、小まめな水分補給をこころがけましょう。

水分の摂り方として、

○普段は常温の水を飲むようにする

○1日1.5リットルが目安

○水分が不足しがちなタイミングで水分補給を行う様にする(起床時、運動時、お風呂の前後、就寝時など)

意識をするだけで重篤な症状を予防する事ができます!参考にして頂けたら幸いです。

堺市西区のてぃだ整体整骨院では、体内の水分バランスを整える鍼灸治療も行っております。ぜひお気軽にご相談ください!

堺市西区 整骨院 てぃだ整体整骨院 円皮鍼 鍼灸治療
水分調節 ツボ 経絡治療 鍼灸治療

Google検索で

堺市 西区 整骨院

上記クリックしていただけますと問い合わせや予約のお電話やてぃだ整体整骨院までの道のりがわかります!

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する梅雨の時期に多い病気

2019.06.07

本格的に梅雨が始まります。この時期に多いのが、「雨が降ったら調子が悪い」「雨が降る前に古傷が痛む」というお悩みです。

何が原因か分からない事で、お困りの方も多いと思いますが、特に梅雨の時期には雨はもちろん、湿気が多い為に体調を崩される方も多いのではないでしょうか?

この時期に多い病気について、堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説させていただきます。

梅雨の時期に多い病気はどんなものがあるのか?

私たちの体は、多くの水分で成り立っています。外気の湿度が上がると、水を処理する機能が低下している人は体調が崩れます。しかし、梅雨はどんな人でも体内の水分を発散させる事が難しくなり、体内に水が溜まってしまいます。免疫力が低下しやすいとされ、梅雨時期の体調不良を訴える人が多くなるのです。

実際には、身体のだるさ、うつ病、頭痛、ぜんそく、食欲不振、下痢、リウマチ、不眠症、アトピー、食中毒、神経痛、むくみなどです。

どんな人が悪化しやすいの?

日頃から胃腸の機能が弱く、冷え症、水太りしやすく汗をよくかく、肝機能が悪い、いつも疲れやすいという方に多く見られます。

なぜ、梅雨の時期には悪化する病気が多いのか?

長々と続く雨で外出できなかったり、高温多湿で蒸し暑くなったりと、知らず知らずのうちにストレスをため込んでいます。そのストレスにより、自律神経の乱れが起こり、不調が出る可能性が高くなります。また、梅雨時期は、蒸し暑さと梅雨寒があり、その寒暖差に体がついていけないということがあります。温度差がきついとそれだけ体温調節が必要になり、身体には負担をかける事になります。ストレスや自律神経の乱れを引き起こすことになります。

この梅雨の時期を乗り越えるためには、神経の流れを整える事、ストレスをため込まない事が大切だと考えて下さい。

寒暖差や湿度が大きくなると不快指数も高くなります。除湿やエアコンを上手に使い、快適に過ごせる環境を作る事が大事になってきます。自律神経の流れを整えるためにも、ストレスをため込まない様にしていきましょう。

熱中症や食中毒も起こりやすい季節になります。熱中症は、梅雨時期の暑さで汗をかいても渇きにくく、熱が逃げにくくなってしまうので、熱中症のリスクが高まります。また、食中毒については、カビ・ダニ・などと一緒に食中毒菌も増加しやすい季節になります。食べ物だけでなく、包丁やまな板にも繁殖しやすいので、入念な消毒をお勧めします。

このように、天気や気温、湿度などの変化により体調を崩す方が増える季節でもある6月、しょうがいないと諦めないで、元気な毎日を過ごせるようにしていきましょう!

梅雨のだるさに効果のあるツボは→こちら

Google検索で

堺市 西区 整骨院

上記クリックしていただけますと問い合わせや予約のお電話やてぃだ整体整骨院までの道のりがわかります!

1 2 3 4 5 6 10

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00,14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop