てぃだ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

湿度が身体に与える影響

2024.05.16

湿度が身体に与える影響(夏場)

高温多湿
高温多湿の場合、体内の熱を逃がそうとして汗が出ます、皮膚表面に汗が出ると気化がおこり汗が蒸発しますその時、熱を奪います。体温の上昇を防ぐ働きのため汗がでます。しかし、湿度が高いと汗は蒸発しにくくなり身体の熱を外に出にくくなり高温で多湿であると高温から身を守る冷却機能が働きにくくなり早く暑く感じるようになる

室内での快適温湿度
高温多湿の夏場では、室温25〜28℃で湿度50〜60%か理想的であり、乾燥しがちな冬場では室温18〜25℃で湿度40〜50%か最適です。夏場と冬場の外気温の体感温度を考えて変わります。

何度になったら、汗をかくかは人によって違うし身体を動かしでいる時と動かしてない時でも変わります。動かすと体温は上がります。体内の温度は平均すると36.5℃ぐらいですから、この温度を保てなくなる時に汗を出して身体の温度を下げる働きにでます。暑さを感じ汗が身体から出ているのを感じるでしょう。

高温多湿だと痒くなる
夏場の外気温からの体温上昇を防ぐため汗が出ますが高温多湿の場合、汗が蒸発しにくくなり汗の通り道や出口が詰まり汗が身体の外に排出されず周辺の組織を刺激してかゆみや炎症反応か起こるためです。

汗の成分による刺激
夏場、汗をかく事も増えて来てベタつきやニオイが気になってくる時期ですが汗による不快な症状の中でも代表的な物は肌のかゆみですよね。汗の成分には塩分やアンモニアが含まれておりかゆみの原因になります。皮膚表面で汗が乾いても塩分やアンモニアは蒸発せず皮膚表面に残るためシャワーや濡れたタオルで拭き取らないとかゆみの原因はなくなりません。

高湿度による自律神経の乱れ
自律神経は体温などを一定に保つ働き恒常性『ホメオスタシス』かありますが高温多湿や気圧の変化などで体温を一定に保てなくなると交感神経と副交感神経のバランスが崩れしまいます。
湿度が高くなる事で体内の水分が汗や尿として外に排出できずに体内溜まってしまい『身体がだるい、重い』『むくみ』『頭が痛む、思い感じがする』『めまい、立ちくらみ』『不眠』『悪心、嘔吐がある』の原因になります。

熱中症になりやすい湿度は?

室温28℃&湿度40〜60%か目安

夏場で気温が高くて雨が降ったり、やんですぐ晴れて来る時など要注意。湿度が65%を超えると熱中症への警戒が必要です。電気代が高いから、去年は我慢できた、暑いと思わない、などいろいろありますが、年々異常気象が続いており想定外の事が起こっています、エアコンの使用は控えない様にしましょう。熱中症にかかったら元も子もありません。

抵抗力、治癒力の源である正気(せいき)の中の【気】

2024.04.18

抵抗力、治癒力をなどである東洋医学で言う正気(せいき)とはいったいなんなんでしょう?

東洋医学では正気(せいき)の元は『気』『血』『津液』『精』この4つの要素の総合的な働きと考えます。
4つの要素が正常に循環していれば正気(せいき)が充実して病気にかかりにくい。

まずは『気』についてお話しします。

『気』とは中国哲学の用語であらゆるものをつくりだし、生命活動を維持する根源とされ
人体に存在する気は4つに分類される。

『気』は宇宙を構成する基本単位で『気が動き、変化する事』で宇宙におけるすべての事象が生まれるとされている。

『人間』も例外ではなく、『気』が人体をつくり生命活動を行なっているとかんがえる。

人体の気は『腎中の精』(精気)、『水穀の精微』(精気)、『清気』(清気)の3つから作られる。

腎中の精とは両親から授かってそのまま『腎』に保存されている『先天の精』のこと

水穀の精微(せいび)とは飲食物が『脾』と『胃』で消化吸収されることで作られた水穀の清気の事を言い『後天の精』

になる。

先天の精は使うと消耗するが、後天の精によって補う事ができる。

清気(せいき)とは『肺』によって自然界から吸い込んだ『気』の事を言う

身体の中に存在する4つの『気』

『元気』(げんき)
原気(げんき)、真気(しんき)とも呼ばれ『生命活動の基本』となる気でへその両側にある腎から全身にまんべんなく行きわたる。
この元気が不足すると内臓や器官も機能の働きがわるくなり、病気にかかりやすくなってしまう。主に先天の精が変化したもの
で、生まれてから後は後天の精によって補充される。

『宗気』(そうき)
胸中にある『気』しっかり『肺』を呼吸させたり『心臓』を規則正しく拍動させ『血』の循環をコントロールしている。
見る、話す、動くなどの身体の機能と深く関係している。肺に吸入された『清気』と『水穀の精微』(食べ物の栄養分)からつくられる。

『営気』(えいき)
栄養分が多い『気』で『血』と一緒に循環して全身に栄養を補給する。『脈管』から外に出ることはほとんどなく『営気』と『血』
をまとめて『営血』と呼び『水穀の精微』(食べ物の栄養分)から作られる。

『衛気』(えいき)
『全身』くまなく分布しており、身体表面をおおって、外から侵入しようとする『邪気』から身体を保護している。汗がでる穴を閉じたり開いたりして体温を調整する。『水穀の精微』(食べ物の栄養分)からつくられる。

東洋医学からみた病気の観点(なぜ人は病気になるのか?)

2024.04.14

東洋医学からみた病気の観点(なぜ、人は病気になるのか?)

東洋医学の考え方で病気になる説明に使う言葉に正気と邪気という言葉があります。

正気と邪気についてご説明します。

正気(しょうき)とは、
人はもともと簡単には病気にかからないように抵抗力を持っている。また、病気にかかった時に
自然に治そうとする力を持っている。こういうものを自然治癒力と言い東洋医学では正気(せいき)
と言う。

邪気(じゃき)とは、
身体にとって良くない病原性の細菌やウイルスの侵入、また急激な気候の変化における身体の
外部から侵入する風邪(ふうじゃ)・寒邪(かんじゃ)・暑邪(しょじゃ)・湿邪(しつじゃ)
・燥邪(そうじゃ)・火邪(かじゃ)などの身体を悪くする原因になる物を邪気(じゃき)と言います。

正気がしっかりしていれば、抵抗力や治癒力が強いため邪気の侵入によって身体の健康が
犯されそうになって体内のバランスが崩れても、もとに戻すことのできる自己調節機能を
正気の力と言います。

もともと人が持っている力でホメオスタシス(恒常性)と西洋医学では言います。


たとえば、特別養護老人ホームでウイルスが原因のインフルエンザにかかった人が出て、
老人ホーム内でインフルエンザが流行してしまった時に感染して亡くなった方もいる一方で、
まったくかからなかった人もいる。これはなぜでしょうか?
これは、ひとりひとりがもっている『正気の力の違い』が発病するかしないか決定づけ、
発病しても治るか治らないかのバロメーターになっているからです。

問題は、たとえインフルエンザの邪気が身体の侵入しようとしても、身体の中の正気が邪気に
負けない体力があれば病気にならないのであり、逆に正気の力が邪気の力に負けると病気に
なると言うことになる。東洋医学の考え方の基本はここにあります。

人間はもともと治る力を持っており、東洋医学の役割は『正気を引き出し』『はたらきを助ける』
ことで病気からの『回復』を補助する事にあります。

経絡について調べてみました。実に興味深い!

2024.03.20

経絡について調べてみました。

経絡とは、身体の表面と臓腑を互いにつないでいるもので、鍼や灸、按摩(あんま)などでからだの
外側から刺激を加え調子が悪い部位に働きかける時にからだの表面のどこを触ればいいのかの経路で
実際に刺激する場所がツボになります。

経絡には経脈と絡脈があり、経脈の中にも十二経脈と奇経八脈とあり難しいです。

今日はわかりやすい十二経脈についてざっくりとお伝えしたいと思います。僕もそうなのですが、
経絡やツボの興味を持っていただければ幸いです。

①手の太陰肺経
肺を出て鎖骨あたりから皮膚表面近くに出て腕を下り親指にむかう。支脈が手首でからだの内部へ
潜り、人さし指に達して、手の陽明大腸経と連絡する。
①おもに、せき、ぜんそく、息切れなどの肺にかかわる呼吸器系の症状がある時に効果がある。

②手の陽明大腸経
人差し指の先端から出て、腕の外側をのぼる。肩から背側まわって内部に潜り、大腸へ向かう。
鎖骨から出る支脈が顔面へのぼり、鼻で足の陽明胃経と連絡する。
②下痢や便秘が原因の肌荒れの改善に効果がある。歯痛、肩こりなどにも効き目がある。

③足の陽明胃経
鼻から上下出る。下に向かう経路は、頸部から腹部を経て、足の指に向かう。支脈が足の親指で
太陰脾経と連絡する。鎖骨から内部に潜った支脈が胃へ向かう。
③ 胃痛、吐きけなど胃に関わる症状、顔面の麻痺、足や足関節のしびれや痛みなどが改善できる。

④足の太陰脾経
足の親指から出て、足の内側とからだのやや側方をのぼる。支脈が脾と胃を通る。別の支脈が
心中に入り、手の少陰心経へと連絡する。
④胃腸の疾患、舌やのどの不調、足の痛みや痺れの改善に使う。胃経と一緒に刺激すると良い。

⑤手の少陰心経
心中から小腸へとくだる支脈と、目にのぼる支脈がでる。別の支脈は、脇の下から表面に出て腕の
内側をくだり、小指先端で手の太陽小腸経と連絡する。
⑤息切れや胸痛など循環器系の症状に使う。ストレスで辛かったり、眠れない時にも効果がある。

⑥手の太陽小腸経
手の小指の先から腕の外側をのぼって、肩甲部から顔面へと伸び、耳に向かう。
目で足の太陽膀胱経と連絡する。肩甲部で分かれた支脈が内部へ潜り、小腸へと達する。
⑥胃腸が弱っている時、首、肩、腕の痛み、こりや痺れのある時に刺激すると効果がある。

⑦足の太陽膀胱経
目から起こり、頭頂部に上がり、後頭部から背面をくだり、足指に向かって、足の小指で足の
少陰腎経と連絡する。背中から体内に潜る経路は、腎から膀胱へと向かう
⑦排尿異常やむくみをはじめ、背愈穴を使えば内臓全般の症状改善に効果的。
多くの部位の症状に使う経脈

⑧足の少陰腎経
足の小指から足底の中心を通って内果を巡り、足の内側を登って胸部に入る。
腎を通って肺へと向かう。胸から出た支脈が心に入り。手の厥陰心包経と連絡する。
⑧腎精不足が原因の前身疲労感、痩せ、老化予防にも効果がある。
膝や足の関節の痛みの改善もできる。

⑨手の厥陰心包経
心包から、三焦へくだる。支脈は胸を横切り表面を出て腕の内側を通って手のひらに入り、
中指の先端から爪の側に出る。支脈がくすり指の先端で手の小腸三焦経と連絡する。
⑨心経と一緒に使い、動悸や胸痛などの改善効果を高める。
神志を安定させるためストレス緩和にも良い。

⑩手の小腸三焦経
くすり指の先端から腕の外側、肩、頭部をのぼる。耳の後ろに沿って上に向かう。
耳からまゆ毛の外縁に向かって足の小腸胆経と連絡する。支脈は背中から内部に潜って、三焦に降りる。
⑩津液の循環を正して、むくみや排尿障害などの改善に効果ある。
腕、肩、首などの痛みも和らげる。

⑪足の小腸胆経
外眼角から起こり、頭部外側を巡って、後頭部をくだる。肩から腹側にまわって胆を通り、
足の外側をくだり、第4指の先端に達する。支脈が足の親指で足の厥陰肝経と連絡する。
⑪頭部の症状、特に耳鳴り、難聴、めまい、視力減退、歯痛、頭痛などの改善に高い効果がある。

⑫足の厥陰肝経
足の親指から出て、足背を通って足の内側、腹部を登って、肝にはいる。
さらにのぼって頭部にいたる。途中で肺を通り、手の太陰肺経と連絡する。
⑫肝とかかわりあいが強いため、視力減退、爪の異常、関節の痺れや痛み、
肝臓の疾患などの改善につかう。

非常におもしろいです。

ストレッチしても緩まない太ももの筋肉を緩める方法とは?

2024.03.14

ストレッチしても緩まない太ももの筋肉を緩める方法とは?

まず膝を曲げて内側の太ももの筋肉が張るようでしたら、膝を曲げる筋肉のハムストリングスの
中の半膜様筋と半腱様筋の停止部である鵞足(下肢の太い骨脛骨の膝の内側5センチ)あたりから
足の経絡の厥陰(けついん)肝経の経穴の膝関(しつかん)から曲泉(きょくせん)あたりを
ゆっくり指圧してあげると筋肉の張りが柔らぎます。さらに曲線の少し横の足の経絡の
小陰腎経の経穴の陰谷(いんこく)も良いです。


膝を伸ばして太ももの外側が吊ったり、太ももの前面の膝の上の外側や内側が張っている
ようでしたら、膝を伸ばす筋肉の大腿四頭筋が被さっっている大腿骨の遠位部の
外側上顆と内側上顆あたりを小さく回しながらさすってあげると良いでしょう。
経絡の経穴なら足の陽明胃経の犢鼻(とくび)あたりをじわ〜と指圧するのもよいと思います。
同じ足の陽明胃経の犢鼻より上の経穴の梁丘(りょうきゅう)陰市(いんし)あたりも良いです。
内側が張っているようでしたら足の太陰脾経の血海(けっかい)のあたりをじわ〜と指圧
もしくはさすってあげれば良いでしょう。あと同じ太陰脾経の陰陵泉(いんりょうせん)
あたりをじわ〜と指圧してあげてください。


以上の筋肉や関節、ツボを指圧したり小さく回しながらさすってあげると膝の曲げ伸ばしで
張ったり吊ったりする事がなくなるでしょう。

血流をよくするツボ 下半身編

2023.11.16

 

つい最近まで暑い暑いと言っていたのに、急に寒くなって風邪ひきそうですね。
ちょうどいい気候の秋が愛おしいです。

下半身のツボで血流をよくしたり足の動きをよくするツボをご紹介します。

筋肉の動きを良くする。
足の血流を良くするツボ

髀関(ひかん)
骨盤全面の骨が突き出して見えるところから2.3センチ下にあります。上前腸骨棘の下で大腿筋膜張筋と縫工筋の間の凹みあたりでほぼ股関節の付け根です。

足の動きを良くしたり、足の血流を良くします。

ツボ押しが効果的です。



足のだるさ、こわばり、膝痛、下肢の麻痺などに
効果があります。

伏兎(ふくと)
大腿前面外側で足の太もものちょうど真ん中より少し上の外側です。

お灸やツボ押しが効果的です。



膝周りの血流をよくし膝の痛みを軽減し膝の曲げ伸ばしも改善されるツボ

陰市(いんし)
大腿前面の膝蓋骨外側から指幅4本分上がったところにあります。

疼痛、膝の冷え、下半身の冷えの症状を改善させるツボ
お灸、つぼ押しが効果的です。



下肢の麻痺、屈伸困難、膝の腫れ,痛みなどにに効くツボ

梁丘(りょうきゅう)
膝の骨の外側から指幅3本上にあります。

足、腰、膝の病、膝の痛み、胃痛などに効果があります。
つぼ押し、お灸が効果的



日常生活において運動する機会がないという方は多いのではないでしょうか?運動する事は
身体にとって大事な事であり必要な事だと思っていても、結局仕事が忙しい、家事が忙しい、
育児に追われている、両親の介護でそれどころではない、運動以外の趣味がありついついそちらを
やって終わってしまう、飲みに行く事が多いし無理かなど「わかっちゃいるけどやれてない」
ですよね。
そう、私もその1人です。(笑)

運動していないと筋肉を動かす事が少なくなり筋肉が使われる事による血流促進は行われる事
なく血液を身体中に循環させて心臓だけになり心臓から遠いところほど血液の流れは悪くなります。

長時間同じ姿勢での仕事する職業の方で運動しない方は要注意です。
長時間同じ姿勢が多いお仕事
デスクワーク
車の運転
飛行機、車、バス、電車などでの長距離移動
看護師
理髪師
ネイルサロン
職人

環境からの影響
気温の低下による血流障害(真冬、夏場のエアコンでの冷やしすぎ、低温倉庫内での作業)

血流が悪くなるとどうなるか?

①肩こり、腰痛、関節痛
②冷え性
③むくみ
④自律神経失調症
⑤動脈硬化、脳血管疾患、心筋梗塞
⑥耳鳴り、目のかすみ、目の下にクマがある、吹き出物がでやすい、顔にシミができる、脱毛

なかなか運動できない方にオススメがツボを刺激する事です。
お灸も効果的です。

血流をよくするツボ刺激

2023.10.15

日常生活において運動する機会がないという方は多いのではないでしょうか?
運動する事は身体にとって大事な事であり必要な事だと思っていても、結局仕事が忙しい、
家事が忙しい、育児に追われている、両親の介護でそれどころではない、運動以外の趣味があり
ついついそちらをやって終わってしまう、飲みに行く事が多いし無理かなど「わかっちゃいるけどやれてない」ですよね。
そう、私もその1人です。(笑)

運動していないと筋肉を動かす事が少なくなり筋肉が使われる事による血流促進は行われる事なく
血液を身体中に循環させて心臓だけになり心臓から遠いところほど血液の流れは悪くなります。

長時間同じ姿勢での仕事する職業の方で運動しない方は要注意です。
長時間同じ姿勢が多いお仕事
デスクワーク
車の運転
飛行機、車、バス、電車などでの長距離移動
看護師
理髪師
ネイルサロン
職人

環境からの影響
気温の低下による血流障害(真冬、夏場のエアコンでの冷やしすぎ、低温倉庫内での作業)

血流が悪くなるとどうなるか?

①肩こり、腰痛、関節痛
②冷え性
③むくみ
④自律神経失調症
⑤動脈硬化、脳血管疾患、心筋梗塞
⑥耳鳴り、目のかすみ、目の下にクマがある、吹き出物がでやすい、顔にシミができる、脱毛

なかなか運動できない方にオススメがツボを刺激する事です。

ツボの事を経穴(けいけつ)と呼び経穴は経絡(けいらく)と呼ばれる気血の流れる経路の中の
要所要所に位置する効果を得られるポイントであり五臓六腑の「精(生殖、滋養)・気(四気)・
血(血液)・津液(体液)」が集まる場所であり経穴(ツボ)を刺激することによってもともと
持っている五臓六腑の流れを良くして治す力をひきだします。

血流を良くするツボ

血海(けっかい)
膝蓋骨の内側の上から指3本上あたりにあるツボです。
血の働きを良くするツボで補血作用があり、瘀血のある人にも効きます。
押さえると痛いですが押さえたあとジーンと効いてる感じがして血が流れている感じや膝が動かし
やすくなる。つぼ押しやお灸がよいです。


郄門(げきもん)
手のひら側の手首から指4本ぐらい肘側にいったところにあるツボです。
静脈や循環器と関係しているツボで循環をよくします。自律神経を整え不安やイライラを改善します。
押すとジーンとします。手のひらが暖かくなる。
つぼ押しやお灸がよいです。


太衝(たいしょう)
足の親指と人差し指の骨がちょうど交わるところにあるツボです。
肝臓の身体に流れている血液やリンパとなどの流れと関係し解毒作用持ち血液の代謝を促す。
押すと痛いですが効く感じで足の親指に力が湧いてくる。
つぼ押しかお灸でいきます。
1 2 3 4 5 6 11

営業時間外もLINEでご予約いただけます

まずはお気軽にご相談ください

0722636966

営業時間外もLINEでご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00~12:00, 14:00~19:00
土 9:00~14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もLINEでご予約いただけます

メニュー・料金
保険適用診療
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
てぃだの感染対策について
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

LINEでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00, 14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop