てぃだ整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ

筋肉と関節の専門家ブログ

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する体温について

2020.05.16

体温とは、文字通り体の温度でありますが、平熱とはどのようなものでしょうか?

自分の平熱を知ることから始める

まずは、自分の平熱を知りましょう。平熱を知らないのに、37度を超えたとたんに「熱が出た」という方がおられます。平熱が37度の場合は、熱を測って37度でも発熱とはいいませんよね。

体温は、外気温や女性の場合は性周期などの様々な影響を受けて変化するものです。変化するものは、定期的に観測することが望ましいです。血圧でも同様ですが、朝起きた時、午前中、午後、夜の4回計測してみましょう。より正確に自分の体温を知ることが出来るでしょう。

1日のうちでも朝起きた時が最も低く、夕方が最も高いという事が調査からわかっています。食事の後や運動後、お風呂の後なども体温が上がりやすいので注意が必要です。

日本人の平均は、平熱が36.6度~37.2度の間と言われています。低体温症の方などは、これらよりも約1度低い方たちということになります。

低体温になるとどうなるのか?

極度なダイエット、ストレスや老化が原因で、熱の産生と放散のバランスが崩れたことによるものを言います。そのまま放っておくと、様々な病気を発症し、突然死の原因にもなりかねません。低体温症になるとどうなるのか。

血行不良、血圧上昇、消化不良、食欲不振、代謝の低下、体力の低下、意欲・集中力の低下、免疫力の低下など

このような症状が出てくることがあります。

正しい体温の測り方

みなさんは、体温計をどのように使って体温を測っているでしょうか?体温計の先の部分をわきに軽く挟んだだけで測定していませんか?

正しいはかり方は、

①体温計の先の部分を、斜め下から差し込んでわきの中心に当てる。(約30度くらいの傾き)

②しっかりとわきを締める。よりわきを締める為に手のひらを上に向けましょう。

③安静にする。

わきの中心に当てることが出来ると、より正確な体温を測ることが出来ます。離れていたり、角度が大きいと、実際より低く計測される場合があります。

体温を上げるポイント

低体温症になると体調を崩すことがお分かりになったと思います。では、実際に体温を上げるにはどのようなポイントに注意するべきか。食事や運動、鍼灸治療などで体温を上げることが出来ます。

食事は、根菜類を中心に取るように心がけることがポイントです。有名なのはショウガです。土の中で育つ野菜は、冬に旬を迎えるものが多く、ゆっくりと育ちます。太陽の力を十分にためた野菜だと言えます。しかし、ダイコンやゴボウは逆に体を冷やすとも言われます。生で食べると体を冷やすと言われていますので、調理法を工夫して頂くことで、体を健康に保つことが出来ます。

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する肩背部の痛みについて

2020.04.18

こんにちは!肩や背中の痛みについてお悩みの方が多くおられる中で、筋肉や神経、姿勢に原因のないものも存在します。今回は「胆石」についてお話しさせていただきます。

胆石とは?

胆石は、非常に軽いものでコレステロールやビリルビンがもとになって出来上がることが多くあります。胆石ができやすい人として、

①女性 ②肥満 ③加齢 ④洋風の食事が多い ⑤家族に胆石になった人がいる など

一般的には30代~50代の肥満気味の女性に多いとされています。

また、胆石がある場所によって、3種類の名前がついています。

①胆嚢結石

胆嚢は、肝臓でできた胆汁を濃縮する場所で、一定の時間とどまっているために最も多くできやすいと言われています。

②総胆管結石

胆嚢でできた結石が何らかの拍子に胆管内に転げ落ち、詰まってしまうことで起こることもあります。胆管結石が起こると、胆汁の流れが滞ってしまうことから、黄疸が生じたり、胆管が結石を押し出そうと動くことから激しい痛みが生じたりすることがあります。

③肝内胆管結石

まれにですが、肝臓内にある胆管に結石ができることがあります。

胆石と肩背部の痛み

胆石があるからと言って全員に症状が出るわけではなく、無症状の方も多いと言われています。しかし、胆石が移動することで狭い通路に詰まってしまうと「胆石発作」を起こしてしまい、痛みという症状となって現れてきます。

腹痛や疝痛(せんつう)と呼ばれる強い痛み、右側のみぞおちや右下腹部、右の背中が痛むことも多く、胃も痛みと間違う人が多いと言われています。

胆石発作は食後や夜間に起こることが多く、数十分から数時間にわたって続いてそのうちに落ち着くと言われています。また、脂っこい食事をとった後や食べ過ぎた後は注意が必要で、発作を起こすことがあります。吐き気や嘔吐、炎症が加わると発熱もみられ、黄疸や肝障害を併発することもあります。

肩や背中、わき腹の痛みを感じた時、何か動かしたから痛みが出たのかな?と軽く考えることは危険かもしれません。

胆石の痛みを和らげるツボのご紹介

症状が軽いものや慢性化したものにツボ療法を行ってみてください。

一番下の肋骨の先端にあるツボが京門(けいもん)になります。軽く押してみて強い痛みを感じる場合は胆石の可能性があります。両手を腰に当て、親指の腹で左右同時に少し強めに指圧します。また、足にある梁丘(りょうきゅう)や陽陵泉(ようりょうせん)も効果的です。

 

 

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する骨盤底筋について

2020.04.18

骨盤底筋って聞いたことありますか?腰痛の方などは聞いたことあるかもしれません。

骨盤底筋とは?

骨盤底筋とは、骨盤の底にある筋肉の総称で、骨盤内臓器を下から支え、排尿や排便のコントロールする役割を担っています。姿勢とも密な関係があるとも言われ、姿勢保持に必要な筋肉として、体の安定性や腹圧の調節に関与しています。この骨盤底筋は、横隔膜や多裂筋といった体幹の筋肉と合わせて動く筋肉です。

この骨盤底筋が弱るとどうなるのかですが、尿漏れや腰痛、骨盤臓器脱になったりして、日常生活にも大きな支障が出てきてしまいます。

この骨盤底筋が弱ってしまう原因の一つが「分娩」です。出産時に狭い産道を通ることで、骨盤底筋に大きなダメージを受けてしまいます。また、分娩以外にも、長年にわたる立ち仕事や腹圧のかかる仕事が骨盤底筋にダメージを蓄積し、尿失禁や骨盤臓器脱、腰の痛みに繋がってしまいます。

骨盤矯正で骨盤の位置を整えても、骨盤底筋が緩んだり弱いままだと、繰り返し歪みが出たり、尿漏れや骨盤内蔵の落ち込みを改善することが難しいです。

骨盤底筋を鍛えるには?

骨盤底筋がよく使われているのは、排尿や排便時になります。骨盤底筋のトレーニング法として、

まずは仰向けで膝を軽く曲げた状態で行います。

①肛門を締める

おならを止める感じで肛門をぎゅっと締めます。この時、骨盤底筋は後ろから前に向かって動きます。そのイメージを忘れずに。

②尿道を締める(女性は膣を締める)

おしっこを途中で止める感じでぎゅっと締めます。この時、骨盤底筋は前から後ろに向かって動きます。

上記の2つを繰り返し行います。①と②の間に力を緩める「リラックスタイム」を入れるのを忘れずに!締めることと緩めること(リラックス)の2つが骨盤底筋を鍛えるには重要な要素となります。

単に繰り返すだけでは物足りない方は、締めた時に3~5秒間キープするように頑張ってみてください。緩める時間も同じように3~5秒間取ってください。

慣れてくると、仰向けだけでなく、座っていても立っていても行うことのできるトレーニングですので、ぜひ3か月を目安に行ってみてください!

また、横隔膜との関連もあるので、呼吸を意識して行うとより効果が期待できます!

骨盤底筋にも種類がある?

骨盤底筋には、「遅筋」と「速筋」があります。遅筋とは持久力を発揮する筋肉で、速筋とは瞬発的に大きな力を出す筋肉になります。

骨盤底筋は臓器を支持しているため、休息時にも活動しています。そのため、骨盤底筋に占める遅筋の割合が高く、主に姿勢保持として働く遅筋線維で構成されています。

咳やくしゃみなどをした時に瞬時に漏れないように締める働きをしているものが速筋になります。

遅筋が締める割合が高いので、上記に挙げたトレーニングもゆっくり行うことが大切です。また、呼吸との関連も大きいので、呼吸と合わせてトレーニングを行うと、より一層効果が高まります。

息を吐くときに力を入れ、吸うときに力を抜くという方法です。ぜひ、いろんな場面で試してみてくださいね!

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する脊柱管狭窄症について

2020.04.15

こんにちは!

最近、腰の痛みで来院される方が多い中、患者様からよく聞く言葉に「脊柱管狭窄症じゃないか?」「昔に脊柱管狭窄症って言われた」などがあります。

脊柱管狭窄症ってなに?

まず、脊柱管ってなに?という方も多くおられると思います。脊柱管とは、背骨、椎間板、関節、黄色靭帯などで囲まれた脊髄神経が通るトンネルです。そのトンネルが、狭くなることで神経を圧迫し、脊柱管狭窄症となります。

では、実際に脊柱管狭窄症とは?というところですが、最も特徴的な症状として、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言われる歩き方があります。長い距離を続けて歩くことが出来ず、歩行と休息を繰り返して歩くことを言います。歩いていると腰や足がしんどくて歩けなくなり、いったん止まって休むと回復して歩き出すことが出来るようになります。これを間欠性跛行と言います。

また、立っている姿勢や背筋を伸ばすような動き、腰を反らせる動きをすると症状が悪化することがあります。これは、体を反らすことで脊柱管が圧迫をうけ、神経の流れが悪くなることにより症状が憎悪されます。逆に、前かがみになることで、脊柱管が広くなるので症状が改善したりします。歩く時の姿勢は体を伸ばしているために脊柱管が狭くなり、休息時は前かがみになることで脊柱管が広くなります。これの繰り返しが間欠性跛行となるのです。

なぜ脊柱管狭窄症になるの?

加齢による骨や靭帯の変性が原因となることが多くありますが、労働での負担や姿勢の悪さなどで背骨や椎間板、靭帯に負担をかけることでも変性が起きやすくなってしまいます。その負担を軽減するためには、負担のかかりにくい姿勢とそれを支える筋力アップが重要になります。繰り返し負担がかかる場合や長時間同じストレスがかかる場合でも、関節や靭帯が肥厚し、脊柱管が狭くなり圧迫を受けてしまうことになります。

治療法は?

立っていられない事や、歩けないなどの日常生活に支障が出るなどの症状がきつい場合は手術が適応になることもありますが、先ほど挙げたように、運動療法としてストレッチやトレーニングでも改善することができます。その場合、どこがどのように負担がかかっているかをすることが重要になります。また、どの筋力が弱くなってしまっているかを知ることも重要なポイントになりますので、日常生活での動作や姿勢などを意識して見ていくことも大切です。

関節や筋肉が硬くなってしまうと、より負担がかかってしまうので、その負担を軽減できる身体を作ることが根本的な治療に繋がっていきますので、身体の深部へのアプローチを行っていきます。

主に鍼灸治療が適応することが多いです。吸い玉で身体のどの部分が流れが悪くなっているのかを知り、そこへ集中的にアプローチすることで、より効率的に治療を進めることができます。当院では、吸い玉はもちろん、鍼やお灸を使って直接筋肉や関節付近の組織を刺激し、緊張を緩和したり、血行や神経の流れを改善することで、症状の改善を目指します。

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説するストレッチとトレーニングについて

2020.02.29

当院には、痛みを抱える方が多く、施術で痛みが改善することも多くあります。しかし、「マイナスからゼロ」ではなく、来院した時よりもいい状態である「マイナスからプラス」にしていくことが重要となってきます。

それに必要となるのが、ストレッチとトレーニングとなります。痛みがましになったらそれでいいというわけではありません。痛みが出にくい身体づくり、より強い身体を作っていくためにも必要になります。

トレーニングに必要なこと

どの部分をどのように鍛えたらいいのか?

まずは、痛みを引き起こしている筋肉を特定していく必要があります。痛みにより使わなくなり、弱ってしまうことで、より痛みを引きずったりすることがあります。

その筋肉の傷が癒えても、弱いままだと、再びケガをすることに繋がってしまいます。繰り返さないためにも、姿勢の歪みへのアプローチとトレーニングやストレッチが必要になってきます。

痛めてしまっている筋肉、弱っている筋肉を鍛えることに必要なことは、その筋肉がどのような動きを起こしている筋肉なのか?を知ることが大切です。当院では、専門家によるトレーニングやストレッチのアドバイスを行っています。細かい事にはなりますが、痛みを改善、「来た時よりも元気に」なっていく為にも治療の中でトレーニングを行っていきます。

栄養に関しても、トレーニングには重要なことです。身体は、口から入るもので全て出来ています。せっかくトレーニングをしても、栄養の取り方を間違えると、効果が出ないという結果に繋がってしまうこともあります。

筋肉に必要な栄養素として、たんぱく質、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどがあげられます。それを効率的に補給できるのがプロテインになります。「えっ?」と思われる方も多くおられます。筋肉がムキムキの人が飲んでいるイメージのあるものですが、痛みを改善するトレーニングでもより効果の高い結果を得たいならば、プロテインを使いながらトレーニングすることをお勧めします。

普段食べている食事が「生きるための栄養」だとするなら、プロテインは「治すための栄養」といえます。

普段の食事のままでトレーニングをしても、より強くなるためには足りないことが多いです。また、筋肉を鍛えることに特化した栄養を備え、体に吸収するスピードも速くすることを考えられたものなので、とても鍛えることにとっては、強い味方となります。

ストレッチについて

固まった筋肉を柔らかくする為に必要なものになります。トレーニングと同様に間違った仕方で行うと、効果が出ないだけでなく、逆に痛めてしまうこともあります。

効果を高める為に必要なことは、ストレッチの方向と強さです。一番筋肉が伸ばされる方向に、気持ちのいい強さで行うことが重要です。ストレッチも軽く考えられがちですが、重要なポイントになりますので、正しい方法は当院でアドバイスさせていただきます!

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する背中の筋肉について

2020.02.29

肩の痛みと一言で言っても、いろんな原因が存在します。例えば、首が原因で肩に痛みが出たり、腰が原因で肩に痛みが出たりします。しかし、その中でも訴える方が多いのが、肩甲骨からくる痛みです。

肩甲骨の周りには多くの筋肉がついており、腕の動きや首の動きにとても重要な働きを担っています。

首に関係する筋肉とは?

首から肩甲骨についている筋肉とは、多くは上を向くときに働く筋肉です。しかし、下をずっと向いていると、頭の重みを支える為にずっと緊張していることにもなりますので、前後の動きに関わるといってもいいかもしれません。

首と肩甲骨に関わる筋肉をご紹介します。

〇頭板状筋・・・頚部の伸展、側屈、回旋

〇肩甲挙筋・・・肩をすくめる

〇僧帽筋・・・肩をすくめる、肩甲骨を内側によせる

腕に関係する筋肉とは?

腕を動かすときにも肩甲骨は関係しています。特に重要なのは、「肩甲上腕リズム」といい、簡単にいうと、腕が上がると肩甲骨も一緒に動いていくというものです。正常ならば2:1のリズムと言われているのですが、このリズムが崩れると、肩や腕の痛みに繋がる原因ともなります。

〇三角筋・・・腕を前・外側・後ろにあげる

〇烏口腕筋・・・腕を前にあげて反対の肩を触る動き

〇広背筋・・・腕を後ろにまわす

〇大円筋・・・腕を後ろにまわす

〇棘上筋・・・腕を外側にあげる

〇棘下筋・・・腕を後ろにまわす

〇小円筋・・・腕を後ろにまわす

〇肩甲下筋・・・腕を前にまわす

〇上腕二頭筋・・・肘を曲げる

〇上腕三頭筋・・・肘を伸ばす

以上が、腕と肩甲骨を繋いでいる筋肉となります。

首や腕から肩甲骨への筋肉を傷めたり、硬くなったり、弱くなったりすると、肩の痛みに繋がることが多いのです。

肩の痛みがあり、その痛い部分だけを治療するのではなく、首や腕を治療することも大切になってきます。「木を見て森を見ず」ではありませんが、根本治療を目指す我々は、とても辛く感じている症状を改善するために、それに関わるすべての筋肉をチェックする必要があります。

腕や首の筋肉のセルフケア

肩の痛みを改善するためのストレッチやトレーニングをご自分でも行うことで、より早い改善が期待できます。施術などにより改善してきた状態を維持、改善に繋げていく為に重要な要素となります。

また、上記に挙げた筋肉については、大きな動作を行うアウターマッスルという外側の筋肉ではなく、インナーマッスルという深部の筋肉が多くあります。その筋肉をストレッチ、トレーニングすることで肩の痛みを軽減することに繋がっていきます。

基本的なこととして言えるのは、「重い負荷」ではなく、「軽い負荷」でトレーニングを行うことです。

動きはじめや、位置を維持する筋肉として使われるものなので、インナーマッスルへのアプローチを行うことで肩の改善を見込めます。

そのために、当院では電気治療や運動療法を始まりとして、鍼灸治療で深部へのアプローチを行っています。

堺市西区のてぃだ整体整骨院が解説する肩の痛みに関係する関節について

2020.02.15

一言で肩といっても腕と体の関節だけでなく、それ以外にも沢山の関節があります。

肩に関与する関節

①第一肩関節

皆さんがご存知の関節で、肩甲骨と上腕骨からなる関節。

②第二肩関節

肩甲骨と上腕骨、さらに鎖骨からなる関節。

③肩甲胸郭関節

肩甲骨と肋骨からなる関節。

④肩鎖関節

肩甲骨と鎖骨からなる関節。

⑤胸鎖関節

胸骨と鎖骨からなる関節。

上記5つの関節からなっています。

関節はどう作られているの?

骨と骨が繋がっている部分と考えられる方も多いと思います。しかし、骨と骨との繋がりには2種類あり、「不動結合」と「関節」になります。

「不動結合」とは、頭蓋骨や恥骨のように、軟骨や膠原線維などで直接連結しているもので、連結している骨同士は動きません。

「関節」とは、一般的に言われる関節で、骨と骨との間にわずかな隙間があり、これを関節包といわれる膜状のものが包んでいます。その隙間には少量の滑液によって満たされているので、骨同士の連結は滑らかに動かす事ができます。

つまり、骨と骨が直接繋がっているものと、そうでないものがあり、動きによって痛みが出るものは、後者の「関節」という事になります。

関節には軟骨成分があり、骨と骨との接触面に存在しています。クッションの役割や円滑さを保つためにも必要なものです。

また、骨と骨とを連結させる靭帯があり、行きすぎないように止めるベルトの役割もしてくれています。

場所によって関節の動き方が違い、種類も多くあります。

蝶番関節(膝、肘、指)・・・一方向にしか動きません。

鞍関節(親指)・・・人が馬の鞍にまたがった形。

球関節(肩関節や股関節)・・・受け皿と球状の骨が組み合わさった形。

楕円関節(手首)・・・前後左右に動かす事が出来ますが、回旋は制限される。

半関節(恥骨結合など)・・・ほとんど動かない関節。

平面関節(足根部、手根部)・・・関節を作る時は平面。スライドするように動くが、範囲は狭い。

車軸関節(首や肘)・・・一方に突起、一方に差し込まれる形でできている関節。

どうして傷むのか?

そもそも、多くの関節はなぜ傷んでしまうのか?

関節を動かしているのは筋肉です。筋肉が腱となり、骨について動かすのですが、その筋肉の動きに問題があると、関節の動きが悪くなります。

その動きの悪さに気づかない方が多く、いつも通り動かす事により筋肉に無理が働き、筋肉や関節を直接傷つけてしまうのです。

それが繰り返したり、長時間に及ぶと、負担や傷がひどくなり、痛みとなって現れるのです!

1 2 3 4 5 6 19

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒592-8349
大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

0722636966

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
てぃだ整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
鍼灸の達人ブログ
WEB限定メニュー
求人情報
てぃだの店舗設備について
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

てぃだ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒592-8349
    大阪府堺市西区浜寺諏訪森町東2-109

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00~12:00,14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線諏訪ノ森駅から徒歩5分

pagetop